かんたん足ケアのフットメジかんたん足ケアのフットメジフットメジとは

フットメジとは?What is foot-medi?

「足のケア
“かんたん”手間いらず。」

ニオイ、ガサガサ、ベタベタ、クタクタ…足に関する悩みはつきません。
きちんとケアしたくても、色々なアイテムがあって選びにくいもの。
そしてなにより、手間で面倒…。
そんな足ケアのイメージを払拭したい。フットメジはこの思いから始まりました。
あなたの毎日に“かんたん”足ケアを取り入れてみませんか。

※ 写真(イラスト含む)はイメージです。

足用石けん人気のヒミツ

フットメジ
「足用角質クリアハーブ石けん」
とは

足用角質クリアハーブ石けん

にはシャンプー。体ボディソープ。
「足には足用石けん。」

にはシャンプー。
ボディソープ。
「足には足用石けん。」

足の形をした固形石鹸に、植物由来のハーブと固さの違うスクラブを配合し、作られました。
付属のネットに入れて泡立てたらそのまま直洗い。汚れを落とし、不要な角質や汚れをケアします。

足には足用石けん

フットメジ
「足用角質クリアハーブ石けん」
特長

(※スタンダードタイプの場合)

汚れを落とし、不要な角質をケア

フットメジ足用角質クリアハーブ石けん

石けん素地ハーブ配合

専用ネット +
S字フック付き

スクラブ大きさ・固さのちがう3種の
スクラブをミックス。
不要な角質をケアし、細かい足の
メジまでキレイに洗い上げます。

19種類のハーブと3種類の
スクラブでキレイに洗い流す
  • ※フレッシュハーブの香りの場合
自然の恵み
ヒールクリーンハーブ

ヒールクリーンハーブ

カシア樹皮エキス、カンゾウ根エキス、ヒオウギエキス、ムラサキ根エキス、オウゴン根エキス、カミツレ花エキス、ユキノシタエキス、ボタンエキス、クズ根エキス、マグワ根皮エキス、アロエベラ葉エキス、ダイズ種子エキス、チャ葉エキス、セイロンニッケイ樹皮油、ハッカ葉油、ティーツリー葉油、ホホバ種子油、ブドウ種子油
(※フレッシュハーブの香りの場合)

頑固な古い角質に
トリプルスクラブ

トリプルスクラブ

  • マンナン
  • アンズ種子
  • モモ核
  • ※写真は原材料のイメージです。

あなたの足、
家族の足は大丈夫?

あなたはどれを使う?

  • 化粧品

    スタンダードタイプ

    初めて足用石けんを使う方や香りを楽しみたい方に

    足用角質クリアハーブ石けん

    特長はコチラ
  • 化粧品

    ニオイ(※1)ケア(※2)タイプ

    足のニオイ(※1)が気になる方に

    足用角質クリアハーブ石けんすっきりミント

    特長はコチラ
  • 医薬部外品

    薬用タイプ

    殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)配合。ニオイ(体臭・汗臭)を予防したい方に

    薬用足用角質クリアハーブ石けん

    特長はコチラ
  • (※1)汚れのニオイ
  • (※2)マスキング効果による

「足のための石けん」
で足裏ケア+つるつるに!

専用ネット+S字フック付きフットメジ
「足用角質クリアハーブ石けん」使い方

  1. 袋状のネットに石けんを入れてください。
  2. リングにネットの口を通し、キャップをはめてください。
  3. キャップの上部からリングの1つ目の奥まで入れてください。

※使用後は付属のS字フックにネットごと掛けて保管してください。

他にもあるよ、
フットメジシリーズ

こんなときに、フットメジ!

〜あなたはどのタイミングで使いますか?〜

※写真(イラスト含む)はイメージです。

フットメジ
「足用角質クリアハーブ石けん」誕生秘話

「洗う」というシンプルなことで、足の裏をケアできないか?
「足用石けん」フットメジはこの思いつきから誕生しました。

2008年当時のフットケア商品といえば、軽石やスプレー、クリームが多く、
「足のための石けんというアイディアは面白いがユーザーに使ってもらえるだろうか?」、
企画段階での社内からの反応は半信半疑でした。
そんな想いを抱きながら、全国発売へ向けての商品開発が始まりました。

ここからが、苦労の連続でした。

まずはベースとなるオリジナルの石けん素地づくり。「油分を取り過ぎず、洗ったあとの皮膚を
柔らかい状態にできる保湿性」「泡立ちのよさと、流したあとのサッパリ感」をもっと大切にしたい!という想いから、
足裏に合う素地を作りたいと思ったのです。

しかし、自分たちが考えている素地づくりに頷いてくれる工場はなかなか見つかりません。
10社以上の工場に断られ「足裏に合う素地作りは諦めるしかないのか…」と思っていた頃、
やっと賛同してくれる工場をみつけることができました。

早速、試作品づくりがスタート。「洗い上がりは?」「保湿性は?」と何度もテストをくり返して、
自分たちが思い描いていた石けん素地を生み出すことに成功しました。

でも、ここまではベースが出来ただけ。今度は配合するハーブとスクラブについての試行錯誤の日々が始まります。
「不要な角質を取り除くためのスクラブの大きさ」「ハーブの良さをいちばん引き出すには?」…。
何度も何度も試作品をつくり、「3種類のスクラブ」「足裏の肌(角質)をすこやかに保つハーブ」
という今の原形が出来上がりました。

発案から商品化される3年間の創意工夫がぎゅっと詰まっている――それが足用石けん『フットメジ』です。